車の査定金額が下がる主要な原因は幾

所有者の違う車を売却する場合、手続き、必要書類はどうすれば

所有者の違う車を売却する場合、手続き、必要書類はどうすればよいのでしょうか。



通常、車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などといった書類を使います。



そのほかにも名義人の同意書、委任状および譲渡証明書などの書類も揃えておくことが必要です。



実際、自分の車を売る場合と比べると、少し面倒になります。



動かない車では買取を行ってもらえないと考えている方が非常に多くいますが、動かせない車でも、買取を行ってくれるところはあります。



一見、動かない車には価値がないように感じますが、動かなくとも価値はちゃんとあるのです。



使用されている部品なんかはもう一度再利用ができますし、車というのは鉄でできているので、鉄として価値がちゃんとあります。



以前、顔見知りの中古販売業者の人に、12年乗った愛車を下取りのため見てもらいました。



廃車寸前だと言うので、値段をつけてもらえるかどうか心配していましたが、車の下取り価格は3万円という結果でした。



そして、修理されたその車は代車等に使用されているそうです。