一般的に事故車というのは、交通事故などで傷がついた車の事を指すので

手放す車の状況によっては、お金にならな

手放す車の状況によっては、お金にならないこともあります。



発売から10年以上経過し、長距離の走行が認められたもの、自分好みに改造を施したもの、劣化が著しいもの、動かない事故車などに至っては値段をつけてもらえないことが多いようです。



今では多くの中古車買取業者がありますが、その中にはこのような事故車や傷んだ車を専門に査定してくれるところがありますので、劣化の進んだ車は専門の業者に連絡するのが一番良いのではないかと思います。



考え方は人によって様々だと思うのですが、個人的には一番スマートな方法だと思っているので、車の買い換え時には、得ができるということを人から聞きましたので、下取りに出さず、中古買取査定の専門業者に頼むようにしています。



ネットの一括査定サイトにアクセスして、売りたい車の情報や、ある程度の個人情報を入力、登録をしますと、業者からのコンタクトがあります。



電話連絡の場合が多いです。



普通、四社とか五社くらいから連絡がくるようです。



電話がきたらその時、大体自分の車がいくらで売れるものなのか、相場を聞きます。



そうして値段の目安がわかったら、良い値を出してくれそうな業者の候補を三つ程選び、他はもう、電話でキャンセルしてしまいます。



一般的な普通の中古車なら車の買取に出して高い価格で売ることもできますが、事故車になると引き取ってもらうだけでも十分とお思いになってしまうかもしれません。



しかし、近年では事故車でも一括査定で複数の買取会社の査定を受けてみると、予想外の高値で買い取りをしてもらえるチャンスもあるのです。